坂東接骨院 | 堺市堺区 | 各種健康保険取扱い

O脚の原因

(公開: 2018年09月26日)

みなさんの中には、足が攣(つ)ったり、脚の疲労感、むくみ、O脚が気になる方が多いのではないでしょうか?じつは原因の一つに立っている姿勢で足の親指側が浮いている方がおられます。足の親指を浮かして立ったり、歩いたりすると、小指側に体重がかかるため、ふくらはぎの外側やお尻の筋肉に疲労が溜まりやすくなります。特に靴の踵(かかと)の外側が擦り減る方は要注意です。

少し運動力学の話になりますが、ふくらはぎの外側に筋肉疲労があるとヒザ裏が伸び難くなり、ヒザの内側に加重がかかりO脚や軟骨の損傷の原因になります。また、お尻(骨盤)の筋肉に疲労がたまると、骨盤が下に引っ張られて腰を起こすことが困難になり、腰が引けてしまいます。結果、猫背や首が前に垂れ肩や頚のコリ感が出やすい状態になります。

このように、足は姿勢まで影響することになるのです。

予防や改善には、ふくらはぎやお尻の筋肉のストレッチが有効です。普段から親指が浮かないように、しっかり拇指球で床を踏むように意識することが大切です。

 

くつの踵の外側が擦り減る方へ

足首の軸を作っている関節が内側にゆがんでいると

親指側に体重が乗せにくくなります。

これを内反足(ないはんそく)といいます。

O脚や軟骨の損傷の原因の一つです。

 

*内反足にはテーピングがとても有効です。

気になられる方はいつでもご相談ください。