坂東接骨院 | 堺市堺区 | 各種健康保険取扱い

足の裏の痛み/(踵)かかとの痛み

(公開: 2020年01月22日)

長時間の立ち仕事、歩くことが多い方、ランニング、安全靴での歩行作業などで足の裏や踵(かかと)に痛みがある場合に多くみられるのが足裏筋膜炎(そくていきんまくえん)という傷病です。

整形外科病院ではレントゲン検査で異常が見つからない場合はシップや痛み止めのお薬を処方していただけます。

しかし思うように痛みが軽減せずにお困りの方も多くおられます。

長期間、放置していて踵(かかと)の骨に骨棘(こつきょく)という骨が尖った(とがった)状態になってしまうと大変です。

坂東接骨院では足の裏にテーピングやパットを施して、土踏まずや踵(かかと)の負担をできるだけ抑えるようにしながら施術しております。

ひどい状態になる前に早めの治療をお勧めいたします。